結婚式情報ならbridalandbeyondproductions.com

結婚情報まとめサイト


TOP

当サイトでは結婚にまつわる情報をまとめています。しかし現在我々が当たり前に思っている結婚の形式というのはつい最近になり形作られたのはご存知ですか?それではまず結婚の歴史についてご紹介します。

結婚式の歴史はそれほど古くからあるものではありません。というのはかつての日本では通い婚がほとんどで、男性が女性のもとに通い、子供が生まれると晴れて夫婦として認められるという形であったからです。特に農村では「夜這い」や「歌がき」といわれる男女の交わりが一般的で、式を挙げてこれから夫婦になるという形はほとんどありませんでした。
とはいえ上流階級では奈良時代は男性が女性の名前を聞いて教えると結婚が成立したり、平安時代では3日間男性が女性の家を訪れると女性の両親が三日夜餅というものを用意して男性に食べさせるというような儀式はありました。
鎌倉時代になるとだんだんと女性が男性の家に嫁ぐようになり、家と家の結婚という形をとって結婚式が行われるようになってきます。これは土地と深く結びついていた武士の生活の関係と、平安時代の貴族は一夫多妻制でしたが武家社会では一夫一婦制が中心であったためであるとも思われます。
一般庶民でも式を行うようになったのは江戸時代に入ってからです。江戸時代は武家社会でもあり身分制度もあったので家と家との間での婚姻であり、そのため皆にその繋がりを周知する必要があったためもあります。披露宴もこのころから一般化しています。また嫁入り先で挙式・披露宴を行うことがほとんどで、神前結婚式などはほとんどありませんでした。
今のような結婚式が行われるようになったのは戦後です。帝国ホテルに神社を勧請し、披露宴まで行う形は関東大震災で神社が消失したことがきっかけですが、それでも一般の人たちが今のような結婚式を行い披露宴を開くようになったのはつい50、60年くらいの歴史しかないのです。意外と最近のことですね。
»